娘の歯の矯正体験について

娘の歯の矯正体験について

娘は顔が小さめで顎も非常に小さかったので、生えてきた永久歯はガタガタになってしまいました。お探しの情報は福山市 矯正歯科このサイトから

 

親の私達の時代は、歯並びが悪くても大して気にならなかった時代だったのですが今は随分歯の美容についての
意識が変わってきたように感じられました。気になった方は福山 矯正歯科をご覧ください
というのは、娘の通っている中学校のクラスの4分の1ぐらいの生徒は
歯の矯正器具をつけており、その意識の高さに時代の流れを感じずにはいられませんでした。いつも矯正歯科 福山こちらでお調べください

 

 

娘は中学3年のときに矯正歯科に行き、矯正のワイヤーをつける処置を受けましたが、初めて器具を装着した日から
1週間は歯の痛みで食事もままなりませんでした。その間の食事は殆ど流動食のみで、スープやアイスクリームや
ゼリーといったものだけで空腹感をしのいでいました。あの1週間が約1年3ヶ月の矯正期間の中で一番辛い時期だったと
本人は今でも言っています。歯医者さんをお探しですか?裏側矯正 福山をクリック

 

 

矯正期間中、悩みのタネだったのが歯磨きでした。ワイヤーが歯に装着しているため、毎食後に丁寧に歯磨きをしないと
虫歯になりやすいので、完璧な歯磨きを行わせるようにするのが大変でした。電動歯ブラシは器具を痛める可能性があるので
あまりすすめられないため手磨きでしなければならなかったり、歯の間にデンタルフロスを通して一本一本歯間の汚れを
取る作業など細かいお手入れがたくさん必要でした。

 

しかし、そういった苦労の甲斐があり、現在娘の歯は輝くばかりの美しい歯並びを手に入れることが出来ました。参考にしています見えない矯正 福山←クリック

 

大変でしたが本当に良かったと思っています。